「落語の会 in 風の谷」が開催されました

涼風が心地よいこの日、緑の会が中心となり秋の風物詩である『落語の会』が行われました。
14回目を迎えた今年、芸を披露してくださったのは、桃月庵白酒さん、のだゆきさんです。
お二人とも、緑の会の趣旨に賛同していただき、風の谷の高座(舞台)に上がってくださいました。

一席目 桃月庵白酒さん
落語の基本 古典「子ほめ」
二席目 のだゆきさん
音楽パフォーマンス
三席目 桃月庵白酒さん
サルの小咄 古典「金明竹」

一席目は、桃月庵白酒さんが落語とはどのような芸であるか、笑いを交えながら楽しくお話してくださいました。
落語の「掛け合い」をわかりやすく解説するため、園児二人が舞台に上がり、八っつぁんとご隠居にわかれて掛け合いに挑戦しました。そのあとに白酒さんが、八っつぁん、ご隠居の掛け合いで始まる「子ほめ」演じてくださると、落語が初めての子どもたちまで、夢中で古典に聴き入っていました。

二席目は、のだゆきさんによるピアニカやリコーダーを使った音楽パフォーマンス。身近な音や様々な曲を、
ユニークなトークと思いもよらぬ演奏方法で披露してくださり、場内から大きな拍手と笑い声が沸き上がりました。

三席目は、桃月庵白酒さんによる「サルの小咄」と「金明竹」。小咄は、大人も子どももお腹を抱えて大笑いしました。続く「金明竹」では、その早台詞に感嘆し、登場人物のやりとりにみんな涙がでるほど笑いました。

子どもから大人まで、世代を超えて伝統芸や演芸を堪能し、寄席の素晴らしさを身をもって体験することができました。コスモスが揺れる園内に、絶えず笑い声が響き渡る、のどかで楽しい一日となりました。

お母さんたちの手による季節感溢れる装飾が会場を飾ります会場に続々と観客が集まりますわかりやすく落語の世界を解説して下さいました
2本のリコーダーを同時に演奏 !!「金明竹」 与太郎のやりとりに大笑い!園児による花束贈呈