舟づくり ~風組編~

風組(年長児)が舟を作りました。
花、鳥組(年少、年中)を経て3回目の舟作りは、自分たちで【のこぎり】を使い、舟の土台となる板の切り出しから始まります。

最初にものさしを使い、はかり出し。のこぎりで切る線を丁寧に引きます。

のこぎりは、刃をお腹に当てて細心の注意をしながら運びます。

板がずれないように押さえる子、のこぎりを使う子、2人1組で作業します。緊張感をもって、真剣な表情で切り出します。

切り出した舟の土台や木片のやすりがけが終わると、いよいよ釘打ちです。慣れた手つきで釘打ちをする子どもたち。

釘が曲がったら、【釘抜き】を使い自分で抜きます。

自分のイメージを膨らませ、色とりどりの毛糸を巻き付けて “豪華客船” を作っていく子どもたち。

道具を使いこなし、自分の手でものを作り出すということを実感した子どもたち。
完成した舟は3泊4日の菅平合宿に持って行き、川に流して遊びます。