柿もぎ(風組)

風組(年長児)が、柿もぎを行いました。
園の斜面の柿の木には、風組(年長児)が歌っている「みのりの秋」の歌詞のような“たんわり たんわり 真っ赤な柿の実”がたくさん実っていました。

金丸先生は高枝切りばさみを使って、内田先生は背負子を背負い木に登って柿をもぎました。内田先生の姿は、子どもたちにはまるで昔話「かにむかし」のさるのように映ったようで、「さるだ!」「柿取ってー!」という声が聞こえてきました。

子どもたちも手を伸ばし柿もぎを楽しんでいました。


もいだ柿は、家に持って帰ることに。残った柿は先生がむいてくれ、お弁当の時に食べました。子どもたちは、「おいしい!」と秋の味覚を堪能していました。