路線バスで行く、花組遠足

暖かい日差しの遠足日和。
幼稚園を出発し、花組(年少児)が出かけたのは真光寺公園です。

「今日は、バスに乗って行くんだよね。」「何色かな?」「どんなバスだろうね。見てみようね。」

初めて乗る路線バス。期待に胸を膨らませ、バス停まで20分程の道のりを歩きます。


春に比べ、足取りもしっかりしてきた花組(年少児)の子どもたちです。

広袴中央のバス停からバスに乗りました。

バスの中では、しっかりと手すりにつかまり、他の乗客に迷惑にならないようにと一生懸命小さな声で話す姿や、お年寄りに席を譲る姿が見られました。

バスを降り公園に着くと、

黄金色の落ち葉が舞う美しい景色の中で、

子どもたちは落ち葉遊びや

電車ごっこをしたり、

斜面を駆け上がったり転がったり。思いっきり遊びました。

丘の上の階段を上ると、

山茶花の花が咲いていました。

先生が木を揺すると花びらが沢山落ちてきました。その花びらを拾ってシャワーを楽しんだり、お母さんへのお土産として持ち帰る子もいました。

この季節ならではの遊びを満喫した子どもたち。

帰りのバスの中では、

車内アナウンスに耳を傾け、ブザーやつり革に注目したり、運賃箱に先生がお金を払うところを見たりしていました。

のりものを通じて、子どもたちの興味・関心と知識はますます広がっていくことでしょう。