風の子集会~こんなにできるようになったよ!~

1月から始まった風組(年長児)の竹馬、鳥組(年中児)の缶ぽっくり、花組(年少児)の大縄跳び。
毎日のように取り組むにつれ、体の動きも巧みになり、どんどん遊びが発展して行きました。

今回の風の子集会では各学年ごと、それぞれ遊びのお披露目です。

まずは花組から。
「からすかずのこ」や「げんこつ山のたぬきさん」などの歌に合わせ、大縄に引っかかることなくぴょんぴょんとリズミカルに跳びます。

次に鳥組。
缶ぽっくりで階段の上り下りや、花いちもんめを披露してくれました。

最後は風組です。
竹馬を使ったボール蹴りや花いちもんめ、
支えや台を使わずに乗る「その場乗り」、腰の高さほどもある竹馬に乗って歩く子もいました。

とっても高い竹馬に乗る風組。「おぉー!」と花・鳥組から歓声が上がりました。

お互いに遊びを披露することにより、花・鳥組には「風組になればこんな遊びができるようになる」という期待や憧れが、風組には「たくさんできるようになった」という自信と誇りが、子どもたちの胸に芽生えていくことでしょう。