蕗味噌(風組)

春の訪れを告げる蕗のとう。
サークル「貴婦人の会」のお母さんたちが中心になって、ぴょこっと顔を出した蕗のとうを摘みに行ってくれました。


早速、天野先生が卒園間近の風組(年長児)に蕗味噌を作ってくれました。

子どもたち向けに甘めに作ったとは言え、それでも口の中にほろ苦さは残ります。
「ちょっと苦いけど、美味しいね」
「大人の味だね」
「春の匂いがするね」


春の訪れを感じ、季節の味を喜んで食べていた子どもたちでした。