花組の尾根道散歩

花1、2組(年少児)揃って、尾根道に散歩に出かけました。

園の入り口に集まり「前にならえ!」
真っすぐ並ぶ事も、早くなってきた花組です。

みんな揃うと、手を繋いでさぁ出発!
先生を先頭に、尾根道に向かいます。

この日は日差しが強く照りつける、暑い日。
でも尾根道の入り口は木陰になり、気持ちのいい風が吹いています。

涼しい尾根道、どんどん行くよ!
一歩一歩、慎重に階段を降りる子どもたち。
赤い花が咲いてるよ!
ヤッホーーー!!
車が通る道はピタっと止まり、先生の合図を待ちます。
ザクロの花も満開です。「これ知ってる!」「たんぽぽ広場にあるよね」

今日の目的は、「ヤシャブシ」の実を拾うこと。
たくさん集めて、おままごとに使うのです。
ヤシャブシの木の下に到着すると、早速拾い集める子どもたち。

ヤシャブシの実
バケツいっぱい集まりました。

 

「お腹ペコペコだー! 幼稚園帰ってお弁当食べよう!」
先生のかけ声で、帰路につきます。

途中の休憩では帽子をパタパタ。「ふぅ〜涼しい!」

お腹はすいたけども、しっかりした足取りで園に向かう子どもたち。
転んでも一人で立ち上がり、仲間に追いつきます。
「幼稚園から、お弁当の匂いがしない?」
「梅干しおにぎりかな? シャケかな?」
「もうすぐ幼稚園だよーー!!」

転んでも一人で立ち上がります。

この日のお昼休みは、ヤシャブシの実を使って早速おままごと!
子どもたちのオリジナル料理が、テーブルにたくさん並んだのでした。