鳥組のお店屋さんが開店です

鳥組(年中児)が一学期の間取り組んできた「紙工作」。
切り紙に始まり、丸を描いて切り抜く円盤、空き箱を使ったカメラやトラックなどを作ってきました。この活動を通し、自らの手で遊び道具を作り出してきた鳥組の子どもたち。「花組(年少児)にもつくってあげたい!」自分たちも花組の時にやってもらったことを思い出しながら、お店屋さんを開くことに決めました。

鳥1組は中庭、鳥2組はホールに分かれて開店の準備です。
運び出した机の上にお客さんが見やすいよう、品物をきれいに並べて行きます。

準備が整ったら花組を呼びに行きます。先生が一つ一つどんな品物があるか説明をしていきます。

お客さんの花組に、先生が商品の説明をします。お金代わりの王冠は一人三つ。「どれにしようかな」王冠を握りしめる手に力が入ります

説明が一通り終わると、お店屋さんの開店です。何を買おうか、まだ悩んでいる子もいれば、真っ先に自分の欲しいお店に向かう子も。

カメラ屋さんは大盛況
「どれにする?」花組に商品を選んでもらいます
お客さんに時計をつけてあげる時計屋さん
「トラックとショベルカーありまーす!」大きな声で呼び込みをします
お買い物に大満足の花組。三つ買ったら座って待ちます

花組が買い物を終えた後も、まだ品物が机の上に残っています。そこで、風組にも声を掛けることにしました。

花組のあとにやって来た風組。風組の王冠は2枚。品定めするその目は真剣です
大人気の円盤・二重円盤屋さん。一列に並んで順番を待つ風組

風組が買いに来て、品物はあっという間に完売です。

閉店後の片づけ。使った机も自分たちで運びます

完売を祝って梅ジュースで乾杯!

最後の一滴まで!

「紙工作」の活動を通しハサミや糊付けなどの技術の習得だけでなく、道具の管理の仕方も学んできました。その過程で分からないことがあれば教えあったりするなど、仲間同士の関係も少しづつ深まっている子どもたちです。