七夕飾りづくり

七夕集会の前日、全園児で七夕飾りを作りました。

風組(年長児)の子どもたちが、自分たちの教室だけでなく、鳥組の教室からも机を運び出し、ホールや中庭、図書室前に並べていきます。

二人一組になってあっという間に机を運びだす風組
道具を並べるのも風組の仕事です

準備が整ったら、花組(年少児)と鳥組(年中児)を呼びに行きます。

七夕の歌をみんなで歌ったら、どんな飾りがあるのか先生が紹介します。
今年も工夫を凝らした飾りがたくさん。

説明の後はホールと中庭に分かれて飾り作り。風組が主体となり、花組や鳥組と一緒に作業を進めていきます。

「こうやって切っていくんだよ」
さすが風組、切り紙はお手の物。次から次へときれいな切り紙が出来上がります
鳥組に人気の丸い紙づくり。紙工作で培った技術を活かします
飾りが切れないように慎重に運ぶ子どもたち
糊付けする花組・鳥組の子どもを見守る風組

出来上がったたくさんの笹飾りは、明日竹に取り付けます。