焼き芋

毎年寒くなる時期に、畑で落ち葉焚きをして焼き芋を食べます。
今年も近隣の方々のご理解をいただき、無事行うことができました。

この日風組(年長児)は、朝から焼き芋の準備で大忙しでした。
集めた枯葉を次々と畑へ運び

さつま芋を洗って

その後、びちょびちょになった床の雑巾がけもしました。

花組(年少児)、鳥組(年中児)、風組が3人1組になってさつま芋を濡れた新聞紙で包みます。
さらにじっくり焼き上げるために、アルミホイルで包みました。

こうやるといいよと、風組が花組に手を貸します

さあ準備完了!!
さつま芋を抱えながら畑に向かう途中、白い煙が見えてきました。

見てみて!煙が立ってるよ

子どもたちが畑へ到着すると、火は焼き芋にちょうどいい『灰』になっていました。
この日はとても寒かったのですが、火に近づくと「あったか~い!」という声が聞こえ、みんなで『たき火』を歌いました。
先生が「芋を投げ入れるんだよ。」と言うと、子どもたちは一斉に放り投げました。

あっ、落ちちゃった
それー!!

その後は、落ち葉焚きの醍醐味を味わいました。

パチパチ音がするね
おしりもポカポカ
目にしみる!

焼き芋が出来上がるまで、子どもたちは班に分かれて遊ぶことにしました。

すもう
ボール運び競走

その頃畑では、畳屋さんからいただいたゴザで芋を覆い、蒸し焼きにしていました。

一つ取り出し中を割ってみると、ホクホクに焼き上がっています!!

たっぷりと遊んだ子どもたちはお腹ペコペコ。ちょうど焼き芋が出来上がる時間になっていました。

畑へ戻ってみると、 ゴザの上に芋が並べられていました。

子どもたちは1本ずつもらい、服の裾で芋を包みます。焼き芋の温かさがお腹に伝わり顔には笑みがこぼれます。

班ごとに分かれて、いただきまーす!

おいしい!
あまいね!
がぶり!!

きっと、子どもたちが大きくなっても『焼き芋』と聞くとこの日の情景が目に浮かぶことでしょう。

パチパチと音をたてて燃える落葉
枯れ枝が燃える炎に身をよじって近づいて
目を閉じて白い煙の中を走り抜ける
仲間たちのざわめきが焼き芋へ期待を膨らませる
そして草原に座って食べた焼き芋は
ホカホカあたたかく甘かった      (園通信NO.71より)