たてわり活動 ~冬の遊び会~

2学期から始まった『たてわり活動』。3学期は先生ではなく風組(年長児)が中心となって進めます。活動の1つに冬の遊び会があります。風組が準備した遊びを、花組(年少児)、鳥組(年中児)の子どもたちに教え、一緒に楽しむ会です。

各グループごとに遊ぶ場所が違うので、風組が花、鳥組を教室へ迎えに行き、自分たちの場所へ連れて行きます。

「今日はホールで遊ぶよ」

風組が用意した遊びは全部で14種類!
「遊び開始!」の合図とともに、花、鳥組はやりたい場所へ移動します。

貝の絵合わせ
かるた
福笑い
トントン相撲
おはじき

一番人気は『パッチンがえる』です。切り込みを入れた厚紙に、ゴムを交差させて引っ掛けます。

ゴムが表にくるように折りたたみ、手を離すと勢いよく飛び跳ねるものです。

  

  

作り方がわからない子、戸惑っている子には風組が声をかけて一緒に作ります。

そんな中、教室の外には椅子にかけられたままのゴム跳びが。子どもたちが来るのを待っていた風組でしたが、どうやら他の遊びに夢中で誰も気がつかないようです。そこで、声がけ作戦をすることにしました。
「ゴム跳びで楽しい遊びをするから、こっちにこない?」

声かけ作戦大成功!

い・ろ・は・に・こんぺいとう~♪ うえか したか まんなかか~♪
したかな?やったー!

その他にも、お手玉、坊主めくり、手回しコマ、だるま落とし、すごろく、羽根つき、あやとりを楽しんでいました。

次回の冬の遊び会は、子どもたちで美味しいものを作ります。さて、何を作るのでしょうか?お楽しみに!