卒園記念樹を植えました

卒園を間近に控えたこの日、風組(年長児)が卒園の記念に樹を植えました。

植樹をする幼稚園の果樹園に向かう風組

今年植えたのは「いちだ柿」。小ぶりな渋柿で、甘くて美味しい干し柿になります。

シャベルで土をかぶせる班とバケツで水を汲む班に分かれて作業開始です。

苗木に土をかぶせた後、周りに土手をつくり、たっぷりと水を注ぎます

最後に「おいしい柿がなりますように」と願いを込める子どもたち。

いつしかたくさんの実をつけ、美味しい干し柿となり、風の谷の子どもたちを笑顔にさせる日がくることでしょう。