入園を祝う会

入園式から1週間。この日は新しく入園した子どもたちを、全園児でお祝いする“入園を祝う会”が行われました。

園では入園式の次の日から、新しい仲間たちが不安にならないように、風組(年長児)の子どもたちがお世話をします。鞄や帽子のかけ方を教え、一緒に折り紙や滑り台で遊びます。“入園を祝う会”は、『もっと幼稚園を好きになってくれるように』との思いで開かれます。

この日のために風組が用意した風車は、会場を鮮やかに彩りました。

会場の準備をする風組の子どもたち
心を込めて作った風車で飾りつけ

「並ぶよ!」先生の声で鳥組(年中児)、風組の子どもたちは“前にならえ”をします。

花組はまだ先生の声掛けだけでは並べません。鳥組、風組の背筋をしっかり伸ばした姿を見て、『並ぶ』ことを理解していきます。

入場が終わると、花組の先生たちから風組へ、感謝の言葉を伝えます。「いつもお世話をしてくれてありがとう。遊んでくれてありがとう。」
風組は『ありがとう』の言葉をたくさん受け、役に立てたことを誇りに思ったことでしょう。
その後、風組がプレゼント用に作った風車についての『ことば』が贈られました。
▪ 風車はフロンターレで渡してあげるからね。
▪ 花組は風組と一緒にフロンターレへ行こうね。
▪ 風車は腕を前に伸ばして走ると良く回るよ。
▪ 風車は危ないから人には向けないでね。
▪ 風車が壊れたら風組が直してあげるからね。
▪ 幼稚園では人にぶつかると危ないから回さないでね。
▪ これから「空を見上げて」の歌を歌うから聞いてね。

先生たちからの出し物は劇、『かちかちやま』でした。
子どもたちの顔は真剣そのもの。
おばあさんがたぬきに杵で叩かれるシーンで、泣き出す子もいた程です。

劇を観た後はフロンターレへ移動し、いよいよ風車を回します。
(フロンターレのご厚意で、グランドをお借りしています。)

風組は、急いで準備に取り掛かります。

風車が壊れた時に直してくれる修理屋さん

風組は花組、鳥組に風車を渡し、回し方を教えます。

「うでを伸ばすといいよ!」
「ほらね!」
腕を前に伸ばして構えの姿勢
よーいドン!!
「すぐに直るからね」と頼りになる修理屋さん

花組は自分のマークを風組に押してもらい、誰のものかわかるようにします。

気づいたら、お弁当の時間です。花組はこの日が初めてのお弁当でした。たくさん動いて走ったので、お腹はペコペコ。ごはんが進みます。

風組は準備や片づけ、花組のお世話と大忙しでした。お腹も気持ちも満腹になったことでしょう。