4月の誕生会~はじめての調理活動~

「おはようございます!」元気に登園してくる子どもたち、手に手に小さな花束を持っています。今日は4月生まれの仲間の誕生会。風組(年長児)になると、誕生会での調理活動が始まります。
4月の献立は筍チャーハンに筍の煮物、筍スープです。

「お花持ってきたよ!」先生の手には、仲間のために、と集まった花々

まずは、身だしなみを整えます。慣れない手つきでエプロンを掛けようとしますがなかなかうまく行きません。そんな時、すぐに仲間が手を貸してくれます。

調理に使う食材や道具、調理方法について、先生が一つ一つ説明をします。「お釜」を使ってご飯を炊くことも初めて!炊飯ジャーのように目盛りがなくても、自分の手を使って必要な水を計量することができることも教えてもらいました。

「これはお釜、お米を炊くのに使うものだよ。」珍しいお釜に興味津々
小さな手で丁寧にお米を研ぎます

次は道具のセットです。先生から教えて貰った通りに机の上に道具を並べます。包丁を使う活動なだけに子どもたちも真剣そのものです。

重いものは二人で運ぼう!自然と歩み寄ります
包丁を使わない人は正座をして待ちます。「机には触らないんだよ!」 手を伸ばして確認する子も
すっきりと整えられた食材や道具

子どもたちが研いだお米をお母さんに炊いて貰っている間、使った道具をきれいに洗い、片付け方も教えて貰います。

まな板はこうやって立てかけて置いてね
ボールは伏せて置くよ

教室に戻ったあと、誕生者のお母さんが、生まれるまでの話を聞かせてくれました。仲間の誕生の様子に子どもたちは聞き入っていました。

大きな中華鍋、食材をのせたトレーが広場に運ばれて来ました。

クレンザーを塗っておくと、すすがついてもすぐに落ちるのよ! 

バターをたっぷり鍋に入れて…炊きたてのご飯に、筍!次々と入れていきます。

次は桜エビ!青のりもたくさん入れてね

「隠し味はなに?!」こんな質問も飛び出します。

辺りには香ばしい匂いが漂って、子どもたちはもうお腹ペコペコ!

煮物とスープも並びました

初めての調理活動、緊張の面持ちで取り組んだ後に仲間と食べる筍料理の数々、どんなに美味しかったことでしょう。