小野路城址遠足(風組)

5月にもかかわらず、夏のような暑さになったこの日、風組(年長児)が町田市にある小野路城址へ遠足に出かけました。
幼稚園から鶴川駅まで歩き、そこから路線バスに乗り「小野路」というバス停で降ります。

陽ざしの強い日でしたが、木陰はとても涼しい。

途中、帽子を脱いで休憩。吹き抜ける風が気持ちいい!

約40分歩き、この日の活動拠点となる本丸跡地に到着しました。

「楽しい遠足になりますように」社にお参りします

それぞれ班ごとに荷物を置くと、周りがどうなっているのかを調べに行きます。

まずは井戸のある場所へ。ここは小町井戸といってその昔、小野小町がこの水で洗ったところ、病が治ったという伝説があります。

井戸を囲み、先生から小野小町の百人一首の一句を教えてもらいました。一緒に歌いながら、あっという間に覚えてしまう子どもたちです

その後、崖をのぼり、

前日の雨で滑りやすかったのですが、ものともせずにのぼっていく子どもたち

ぐるりと周辺をまわった後、再び拠点へ戻りました。拠点は高い位置にあり、どの方向からのぼっても戻ってこられることが分かった子どもたち。

ここからは班の仲間だけで行きたいところを決め、探検に行きます。ただし、先生の笛の合図で必ず拠点に戻ってくることを伝えます。

「こっちの道はさっき行っていないから行かない方がいいよ」「そっちの道には毛虫がいたよ」リーダーを中心に、仲間と協力しながら探検をする子どもたち。

笛の音が響き渡り、拠点に戻るとお弁当の時間です。

お弁当も班ごとにまるくなって食べます

食べ終わった後は田んぼへ。

これが”せり”だよ

かなへび捕まえたよ!

見て見て!カニがいた!

たくさん歩いて、たくさん自然を満喫した一日となりました。