梅もぎ

2月、3月花盛り 咲いた咲いたよ 梅の花
5月、6月実がなれば 枝からとられて かごの中
           (“うめぼしのうた”より抜粋)

今年も梅の実の収穫時期がやってきました。
風組の子どもたちは、お世話になっている吉川さんの梅畑へ出かけました。

到着すると、吉川さんに挨拶をし収穫スタートです。
収穫した梅と混ざらないよう、地面に落ちている梅から先に拾います。

拾い終わると、先生が木の枝を揺らして梅を落とします。

木に登って揺らす子
落ちてくる梅を待つ子どもたち
一度で沢山運べるよう帽子で集める子

背負子の中は、溢れんばかりの梅で埋め尽くされています。

今年は不作と言われていましたが、梅ジュースと梅干しを作れる分は収穫できました。

「さあ帰るよ。園に戻ったら梅ジュースを作るからね。」
子どもたちは大喜び。足取りも軽くなります。

収穫した梅をよく洗い、

水分をよく拭き取ります。

鉛筆を持つように竹串を持ち、ヘタを取ります。

梅に竹串を細かく刺していき、エキスを出しやすくします。

容器に < 梅 → 砂糖 → 梅 → 砂糖 > の順に入れたら

蓋をして、容器を転がします。

砂糖がすべて溶けたら、梅ジュースの出来上がりです。
「早くできないかな」心待ちにしている子どもたちでした。