昭和記念公園遠足(風組)

6月初旬、風組(年長児)が観光バスに乗って遠足に出かけました。行き先は立川市と昭島市にまたがる大きな国営公園の『昭和記念公園』。

バスに乗り込み、お母さんたちに見送られながら出発です

続いていた暑さが和らいだものの、低い曇天が広がっていたこの日、車内には大きなてるてる坊主がぶら下がっていました。運転手さんが「晴れますように」と願いを込めて作ってくれたそうです。

昭和記念公園に到着すると、一行はこどもの森を目指します。

間をあけずに進む子どもたち。歩くスピードもとっても速い!

歩くこと約20分、こどもの森に着くと、東屋に鞄を置いて『雲の海』へ。

ふわふわのドームの上で飛んだり跳ねたり走ったり、体を存分に使って遊ぶ子どもたち。

 

次に、『ドラゴンの砂山』へ

つるつる滑り、足場のないドラゴンの卵に登ろうと必死の子どもたち 

やったー、登れたよ!バンザーイ!
ドラゴンの卵がら霧が噴き出てきた!

ドラゴンの砂山を後にし、ローラー滑り台を順番に滑って楽しみます。

たくさん遊んだあとは、東屋に戻ってお弁当の時間です。

東屋のすぐ横には『虹のハンモック』があり、お弁当を食べ終わると、再び元気に遊び始める子どもたち。

先生がハンモックを揺らすと、大喜び

ハンモックを登ったり、走ったり跳ねたりと、思い思いに遊びます。

普段は自然に囲まれた幼稚園で遊んでいる子どもたち。いつもとは違うたくさんの遊具で遊び疲れていたのでしょう。帰りのバスではぐっすりと眠っていました。