じゃがいも掘り

前日の夜、しとしと降っていた雨も朝にはからっと晴れ、絶好の芋掘り日和となりました。

教室の机の上に新しいリュックが用意され、笑みを浮かべる子どもたち。
登園するやいなや、先生の前には列ができ、1人1人肩紐の長さを調節します。

卒園児の父母たちから贈られたリュック

準備ができたら、いざ出発!

じゃがいも畑は園から1.5キロ離れた場所にあり、尾根道を歩いていきます。
最初に到着したのは風組(年長児)。

3回目ともあり、ずんずん畑へ…
さぁ、掘るぞ〜と勢いを感じる風組

 

今年は大豊作!どんどん茎を抜いて、土の中の芋を掘りおこして袋に詰めていきます。

 

袋いっぱいのじゃがいもを荷物置き場まで運ぶのも一苦労…

 

続いて花組(年少児)が到着!

風組の勇姿を見つめる花組

  

ゴロゴロと出てくるじゃがいもを、小さな手でしっかり掴んで袋に入れていく花組。

そして、最後は鳥組(年中児)。

集中して先生の説明を聞く子どもたち

 

全園児が掘り終わると、子どもたちは芋の入ったリュックを背負って園に戻ります。
帰り道は、風組と花組が手をつなぎ、鳥組は仲間と一緒に帰ります。

花組を気遣いながら歩きます
時にはしりもちも!
あと少し!

園に着くと、自分で掘った芋の中から一つ選び、ふかし芋にしてみんなで一緒に食べます。

堀りたてのふかし芋

”自分で掘った芋を自分で背負って園まで戻ってきた”という経験が、きっと子どもたちの
自信につながることでしょう。