多摩動物公園見学

風の谷幼稚園の2学期の活動は「どうぶつ」の取り組みから始まります。

9月に入ってすぐのこの日、東京都日野市にある多摩動物公園へ全園で遠足に出かけました。曇り空ではありましたが、厳しい残暑も和らぎ絶好の動物園見学日和です。

花組(年少児)鳥組(年中児)はバスで出発!
風組(年長児)は電車で向かいます

動物園に着くと、それぞれの学年の取り組みに合わせて園内を回ります。

花組は「大きい」「高い」などわかりやすい特徴があるゾウとキリンを中心に見学をしました。

高いところにあるえさ箱もキリンの長い首なら届くね
ゾウは長い鼻を使って器用にえさを食べるね

鳥組はキリンやシマウマの模様を実際に見て確かめる、アフリカゾウとインドゾウの違いを比べるなど、動物への興味関心が広がっていくよう、見て回ります。

キリンの舌は黒みがかった紫でした。自分たちの舌は何色かな?
シマウマの縞模様は、足と体で模様が違うね

そして風組は動物たちの目の位置や耳の形などをじっくりと観察してゆき、合わせて畜舎の作りや柵の中の様子などもよく見学してきました。

キリンの畜舎が縦長なのは首が長いからなんだね
カンガルーは後ろ足でしっかり立つんだね

この遠足をきっかけとして、それぞれの「どうぶつ」の取り組みが始まります。