警察犬の見学

二学期に入り、「どうぶつ」の取り組みが始まっています。野生動物やペットなど、様々な環境で生きている動物たち。その中で、人間と一緒に仕事をしている警察犬を見学しました。

警察犬のジャーマンシェパード

挨拶を終えると、早速訓練の様子を見せてくれました。犬の驚異的な嗅覚で、匂いを嗅ぎ分ける訓練です。
5人の子どもたちに出てきてもらい、一人ひとりの匂いを別々の布に付けていきます。手のひらにサッと布で撫でるだけです。今回は、奥から2番目の子の匂いを当ててもらうことにしました。

よく匂いを嗅がせます

先生から「当たるかな?」という質問に、子どもたちは「当たらないと思う。だって、さっき虫除けスプレーをしたからその匂いでわからないんじゃないかな。」
果たして結果は・・・

お見事!!奥から2番目を咥えました

 

子どもたちから、拍手喝采がわき起こります。

次は服従訓練です。犬に命令や指示を出し、その通りの動作や行動をさせます。

必ず人の目を見ながら歩きます
「伏せ!待て!」の指示でその場で伏せて待つ警察犬

その後も、「ヤメ」の指示があるまでじっと待っていました。

次は、警戒訓練です。犯人に対してひるまず噛み付いて離さない、また犯人を見つけたら逃げないように威嚇して吠え続けます。

犯人役の人に果敢に立ち向かう警察犬
噛み付いたら最後まで離しません
固唾を呑んで見守る子どもたち
とうとう犯人を倒しました

最後に子どもたちからたくさんの質問がありました。

Q. 警察猫はいますか?
A. 今のところいないそうです。

Q. なぜ鼻や耳がいいの?
A. 目が余り良くないため、他のところが発達したそうです。

Q. 家で飼っている犬でも、同じようなことできますか?
A. 訓練すればできるかもしれません。

など、子どもたちは興味津々でした。

帰り道、先生が「止まれ!」と言うと全員ピタッと止まり、「進め!」と言うとみんなで歩き出しました。気分はすっかり警察犬になりきっていたのでした。