柿もぎ(風組)

気持ちよく晴れた秋空のもと、風組(年長児)が出かけた先は稲城市にある梨花幼稚園。日頃から交流があり、2歳児保育「たんぽぽ」の梨狩りでもお世話になっている幼稚園です。

柿畑に到着し、先生の説明を聞きます。見慣れない竹の道具に興味津々の子どもたち。「竹の先のふたつに分かれた部分に枝を挟み、枝をひねると落とさずとれます。」

さっそく柿もぎを始めます。美味しそうに色づいた柿を選んで、いろいろな方法で、もいでいきます。

あの柿がおいしそう
『みのりのあき』に出てくる「たんわりたんわり」だね!
木登りもお手の物
「ちょっと押さえててね」「いいよ」

もぎたての柿をその場でいただきます。木の上で熟した柿の甘さは格別。
あちらこちらから「甘いね!」「美味しい!」と声があがります。

 
 

袋にたくさん入った柿は、家族へのお土産として持ち帰りました。
梨花幼稚園の先生方、ありがとうございました。