たてわり活動~するめ~

「冬のあそび会」も3日目。

毎日“あそび会”が終わると、すぐに花(年少児)・鳥(年長児)組の様子について話し合い、翌日の遊びの内容を考えている風組(年長児)。

どうやったら楽しんでくれるか、どう係わった方が良いか、毎回工夫をしながら臨みます。

この日も風組による遊びの紹介から始まりました
「これは難しいよ!」風組のリードで遊びの幅も広がります
絵を見れば取れる、分かりやすいかるたを用意してきました
花組が打てるよう羽根を投げてあげる風組

この日のおやつは“するめいか”。普通のものと、一晩水につけたものの二種類を用意。七輪で炙って、味や食感の違いを食べ比べます。

七輪の上のするめがどうなるのか興味津々
「うごいた!」「するめが生きてる!」驚く子どもたち
噛めば噛むほど味がでる!
「おかわり!」次から次へと手が伸びます

学年を超え、すっかり打ち解けてきている子どもたちでした。