たてわり活動~“風組かるた”と“干し芋”~

4日間連続で行われたたてわり活動“冬のあそび会”から、およそ2週間。この活動を通して風組(年長児)は、年上としての自覚が強まっていきました。

前回から間が空いたにも関わらず、風組は迷うことなく同じグループの花組(年少児)、鳥組(年中児)の子どもたちを迎えに行きます。

風組が「〇〇ちゃん、行こう」と花組の教室へ迎えに行く様子

教室に集まると冬のあそび会と同様、あそびの紹介が始まりました。

今回は、いつもの伝承遊びに新たな遊びも追加されました。その名も“風組かるた”です。
 ※“風組かるた”とは、風組の子どもたちが作ったかるたのことです。読み札を考え、一文字一文字はんこで押し、絵札を描きます。

風組お手製“風組かるた”

遊びの説明が終わると、「風組かるた、やりたい!」と花・鳥組の子どもたちがかるたの周りに集まってきました。早速、風組が読み札を読み上げます。「あまのせんせい  おいしいりょうりを  ありがとう」と読むと「はい、取れた!」と大盛り上がり。

文字を読めない子には「この文字を探してね」と字を見せます

かるたが終わると、好きな遊びをしました。

いろいろな遊びの中で、人気だったのはゴム跳びです。花・鳥組の子どもたちが「やりたい」と風組に声をかけました。風組は「見ちゃダメだよ!」と言うと、ゴムを複雑な形にしました。

見ちゃだめだよ(風組)
見ないよ(花・鳥組の子どもたち)
「もう見ていいよ」
「これ難しいなあ」

遊んでいるうちに、お腹もすいてきました。今回のおやつは干し芋です。デッキに用意された七輪を囲むとだんだんと体が温まり、自然と衣類で体温調節する姿が見られます。

しばらくすると、先生が干し芋を持ってきました。

早く食べたいと思わず前のめり!

子どもたちは、炙る前と炙った後を食べ比べてみることにしました。

そのままでも甘くておいしいね
炙るともっと甘くなった!柔らかくなった!

何度もおかわりをする子どもたちでした。