休園中の園の様子

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され、今までと同じような活動が困難になっています。

毎年、5月上旬に行われる園の行事“子どもの日集会”。本来ならば、子どもたちと一緒によもぎを摘み、よもぎきな粉餅を食べるのが恒例となっていましたが、今年はできませんでした。
しかし、休園中に先生たちでよもぎを摘み、ペースト状にして冷凍保存しています。再開したら子どもたちに食べさせる予定です。

 

また休園解除後、子どもたちが少しでも安心して活動できるよう、野外に“あおぞら教室”を設けることにしました。

 

《教室デッキ側の斜面》

人工芝をはがし、土が流れないよう溝を掘り

雑草の種を蒔き完成
毎日水やりをしています

 

《園舎とあじさい広場の間》

竹を伐採し、長さを切り揃えます。

枯れ葉などを溜めて作った腐葉土を、すべて掻き出します。

               ↓

               ↓

切った竹や枝を、バケツリレー方式でトラックまで運び出します。

子どもたちが園にいつでも戻ってこられるよう、再開に向け準備を進めています。