七夕の集い

天井に届きそうな竹が、園の中庭に立てかけられています。

この日は7月7日、七夕の日。風組(年長児)は、笹飾りを花組(年少児)、鳥組(年中児)と一緒に作るため、せっせと準備を始めています。

準備を終えると、教室で待機していた花・鳥組を迎えに行きます。

子どもたちが揃うと、早速笹飾りの作り方を教え、作業開始です。
新学期を迎えてから、学年を超え緩やかに始まった“たてわり活動”。
風組がリードしながら花組をやさしくサポートします。

花組は風組に教わりながら作ります
鳥組は自分のペースで作り上げていきます

短冊や笹飾りの数々。一つひとつ丁寧に作りました。

       

笹飾りを作り終えると、飾りやすいよう竹を下ろし

鳥組、風組、花組の順で、願いを込めた短冊を先に飾ります。

まずは鳥組から
続いて風組
最後は花組です 風組の手を借りながら飾ります

次に笹飾りを皆でバランスよく飾っていきます。

飾りで彩られた竹は、子どもたちの歓声とともに高く引き上げられました。

風に吹かれて揺れる笹飾りの下、皆で『七夕さま』を歌い、七夕にまつわる昔話『ひこぼし(牽牛)とおりひめ(織姫)』のペープサートを観ました。
観終えた子どもたちからは、「今日は織姫と牽牛は会えるんだね!!」と嬉しそうに話していました。

お弁当は笹飾りのある場所で食べることにしました。時折、風になびく飾りを見ながら「きれいだね。」と話していた子どもたち。七夕の集いを満喫した一日でした。