きんちゃんの毛洗い(風組)

6月に行われたきんちゃんの毛刈りで刈り取られた羊毛は、大きな袋がいっぱいになるほどでした。この羊毛は、今の風組(年長児)が鳥組(年中児)だった頃、毎日欠かさず世話をしたからこそ受け取れるのです。

羊毛をいくつかのタライに分けて入れ、班毎に作業開始です。一年間の汚れをたっぷり含んだきんちゃんの毛を洗ってみると、お湯は真っ黒…

はじめは、臭いや感触に戸惑っていた子どもたちもすぐに慣れ、何度もお湯を換えながら丁寧に押し洗いを繰り返します。すると、本来の白さが戻ってきました!

良かった!白くなったね

続いて柔軟剤に浸け置きをします。その後、水ですすいでしっかり水気を切ってデッキに広げ、数日間乾燥させます。

しっかり押して水気を切るよ!
薄く広げて乾かします

次回は、いよいよ子どもたちが楽しみにしていた毛染めの作業です。