羊毛をつかって~フェルトボール作り~(風組)

前回、初めて羊毛染めを体験した風組(年長児)の子どもたち。染め上がった羊毛を使ってフェルトボールを作りました。
まずは先生が手順を説明し、実際にやって見せます。

水を含ませながらまとめていくよ

たらいに水を張り、中性洗剤を入れたら準備完了。一人ずつ白い羊毛を受け取ります。 

ふわふわだね

羊毛にそっと水をかけて馴染ませ、ハンバーグを作るように交互に両手を返します。

たっぷり水をかけたらハンバーグ♪

まとまってきたら、好きな色の羊毛を受けとります。

カラフル色にしたいなぁ!

次は両手で転がす作業です。転がすと羊毛の中で摩擦がおき、洗剤を含ませた水が摩擦を促進させ毛がくっつくのですが、転がさずにただ力を入れて絞ってしまうと、ポロポロとほどけてしまいます。

ほどけてしまった羊毛

つい力が入ってしまう子どもたちに「大丈夫よ、また水をかけて転がせばまとまるからね!」と先生。それを聞いた子どもたちは、ほっとした表情で再び転がし始めます。

優しくコロコロコロ…水をかけるの忘れないでね!

しばらくすると、ハンバーグのように大きかった羊毛は驚くほど小さく、固くなりました。

ようやく完成です!

手作りのフェルトボールは、子どもたちの宝物になることでしょう。