遠足 鳥組

よく晴れたこの日、鳥組は園から30分ほど歩いて白鳥神社に来ました。
まずは全員であいさつ代わりに手をあわせ、境内のまわりを探検しました。急な崖になっている場所では、木の根や草につかまりながら、上へ上へとよじ登っていきます。なかなか上れない仲間には手をのばして引きあげようとする姿も見られました。

境内の裏で崖すべりを楽しんだ子どもたち。たくさん遊んで汗をかいたあと、お弁当と一緒に食べた梅干しは最高のごちそうでした。

「たくさん遊ばせてください」 境内の裏の広場の草も青々としています 「葉っぱのメガネだよ
「この手につかまって!」 「みんなで滑るよー」 上っては滑り、滑っては上る・・・
疲れを知らない子どもたち
お弁当の時間になったら、みんなおしりが真っ黒でした パクッ。「うーん、すっぱい!」
先生が幼稚園から持ってきた梅干し
たくさん遊んでたっぷり汗をかいた子どもたち。冷たいタオルで顔を拭いてもらいました