入園式

色とりどりの花で飾られた幼稚園で行われる入園式。温かい拍手の中、期待と不安が入り混じった表情で新入園児が入場します。この日のために、在園児は新しい仲間をどう迎えたらいいかを話し合ってきました。自分たちが入園した頃、風組が優しくしてくれたことを思い出し、今度は自分たちが面倒を見てあげたいという思いで、この日を待つ風組・鳥組なのです。

入園式の朝
みんなで電車になって出発進行。
緊張気味の新入園児。
「入園おめでとう
今日から風の谷の子どもです」
みんなと一緒に『手をたたきましょう』を歌いました。
風組が『迎える言葉』を贈ります。
「お母さんが迎えに来るから泣かなくていいよ」

 

 


新しい仲間を迎えるために・・・

風組の子どもたちは、入園式前に危ない所はないかと幼稚園中の見回りをしました。硬くなってしまった砂場を掘り起こしたり、新たに広がった斜面の石や枝を拾い集め、危ない場所にはロープを張ったりと、新入園児のことを考えながら作業をしていました。

はじめに、危ない所はないかと幼稚園中を見回りました
硬くなった砂場を掘り起こし、砂場の道具を洗ってきれいにしました。
「転んだら危ないからね」と斜面の石や枝を拾い集めました。


在園のお母さんたちは、菜の花・花だいこん・やまぶき等の季節の花をたくさん集め、花の中に新入園児を迎える準備をしてきました。

たくさんの花が集まりました。
「お花畑みたいにしたいね」
花いっぱいの会場になりました。