畑仕事

 2学期に入ると鳥、風組は畑で大根を作ります。
働き者の子どもたちは、種をまき、水をやり、芽が出てくると草をむしり、虫を取り、自分たちの手を使い手間をかけて大切に大根を育てていきます。
畑仕事を通して自然に触れ、小さな種から大きな大根に育つ過程を目の当たりにすることは、収獲の喜びや食べる意欲にも繋がっていきます。

9月

耕された畑
ここが大根の畑になります
ふかふかの土を踏み固めて道を作っていきます 畑をみんなで行進していきます
青首大根の種
風組は青首大根、聖護院大根、大蔵大根の種をまきました
照りつける太陽のもと、丁寧に種を蒔いていく子どもたち 「おおきくなぁれ!」しっかり水やりをしました
種まきの後、雨が降り雑草がたくさん生えていました 双葉が生えてきました 草むしりを終えた子どもたちの手は,
真っ黒!
「みんなの手、働き者の手だね!」
9月下旬、本葉が出てきました 「雑草は根っこから取るといいよ」
先生の声かけに、一生懸命草むしりをするこどもたち
草むしりを終えると、自分たちでネットをかけます

10月

前日の台風の影響でネットが飛ばされていました
一部、雨水に流されてしまったところもありました
飛ばされたネットを直し、大根が大きく育つように草むしりをしました
「虫発見!!」
大根が少しずつ育つにつれて虫も発生してきます
バケツの端の黒いのが『やとう虫』です 畑でとった虫は、風組がお世話しているうこっけいの餌になります
10月中旬、大根の葉丈も20~30㎝ほどになりました 今日は間引きです
「葉っぱの先を下にして運んでね」
葉の向きをそろえてカゴに入れていきます
仲間と協力してネットをかぶせます 間引きの後、大根の葉の味噌汁を先生が作ってくれました
別の日には大根の葉のふりかけやナムルにしてもらい食べました
畑仕事の後のお味噌汁
「おいしいね!」
10月下旬、聖護院大根が土から顔を出していました 葉の裏に潜んでいる『やとう虫』 虫が苦手な子は、虫を探しては仲間を呼んでとってもらいます
カゴから溢れるほどの間引きをしました たくさん間引きしたので、子どもたちも幼稚園まで大事に運びました 大根の葉をクラスみんなで分けて、お土産に持ち帰りました

11月

葉丈が40~50㎝ほどに大きく育ってきました 土から大根が顔を出してきました
間引きしたものが、大根らしくなってきています 間引き大根をそのまま食べてみました
11月下旬、立派な青首、聖護院大根に育ってきました
収獲の日も近いかな?
草むしりもかなりの量です

12月

山茶花も咲き始めた12月中旬の大根畑 「鳥組の大根も立派にできているね」畑をみんなで見て歩きました 「みんなの大根、立派になっているよ!!よし、明日収獲しようね!」

大根収穫

待ちに待った収穫です
まずは先生から掘り方を聞きます
霜が降り大根はとても冷たく、足元はぬかるんでいました
そのような中、仲間と協力して大根を収獲していきます
どんどん大根を掘っていく子どもたち
あっという間に大根が積まれていきました 花組が散歩の途中で畑に寄りました。
「これは聖護院大根っていうんだよ!丸くて大きいね~」
掘り終えると、今度はたくさんの大根を畑から幼稚園へ運びます
風組が畑から園まで運びます 「お願いね!」
園の入り口で鳥組に大根を託します
風組から受け取った大根を大事に運ぶ鳥組の子どもたち
大根を丁寧に洗う子どもたち 天野先生と役員のお母さんたちがサラダ、きんぴら、煮物を作ってくれました 「おいしいね!」
花組も大根料理をいただきました