七夕の集い

朝から夏を感じる暑い日、 登園すると高さ8メートルの大きな竹が先生によって舞台裏の竹やぶから切り出され、中庭に運び込まれていました。前日、当日と2日間かけて全園児で作ったたくさんの飾り、それぞれの願い事を先生に書いてもらった短冊を、この竹に飾り付けて、七夕集会を行います。
飾り作りから飾り付けまで、学年を超えた2日間の関わりの中で、風組・鳥組は初めて参加する花組を気遣い、花組は風組・鳥組にあこがれながら、“緩やかなたてわり”の活動をおこなった子どもたち。飾り付けられた豪華な笹飾りは、子どもたちの歓声とともに、大きく揺れながら、高々引き上げられました。風に揺れる笹飾りの下で、ペープサートをみたり、フォークダンスを踊ったり、お弁当を食べたりと、七夕を楽しんだ子どもたちでした。

中庭で飾り作りをする為に、風組・鳥組が手分けしながら準備します 「こうやって作るんだよ」
風組が花組を気遣いながら作業を進めます
一つひとつを丁寧につなげていく子どもたち
みんなで作った輪飾りこんなに長くなりました! 自然と花組に手を貸す風組 短冊にこめた願い、叶いますように
先生たちによるペープサート
「牽牛と織姫」
みんなで輪になり
フォークダンスを踊ります
色とりどりの笹飾りが風に揺れます