梅もぎ

幼稚園の近くの梅畑で梅もぎをしました。
梅畑は前日、役員・引率のお母さんたちによって、子どもたちが梅の実を探しやすいように、草むしりや掃除が行われました。
先生や引率のお母さんたちが枝を揺すったり棒で叩いたりすると、次々と梅の実が落ちてきてきます。頭に当たることもあるけれど、落ちている梅の実を一生懸命拾い、低い枝の実は自分でもいだり、風組は高いところは木に登るなどして、たくさんの梅の実を採りました。
この梅の実で、花組・鳥組は梅ジュースを、風組は梅ジュースと梅干しを作ります。

梅の実を拾う子どもたち 梅の実が落ちてきて「いたっ!」 木登り名人!

梅ジュース作り

一つ一つ丁寧に洗います。 水気を拭き取ります 竹串でヘタを取り、梅の実に穴をあけます。「おいしいジュースができますように」
ビンに梅の実と砂糖を交互に入れます ビンを転がして「おいしくなぁれ!」 ジュースを飲む日が楽しみです

梅干し作り

一つ一つ丁寧に洗います 水を入れてアク抜きします 次の日には、アクが浮いていました