雪遊び

年に一度できるかどうかの園での雪遊び。
前日の大雪が日差しに輝く中、各学年に分かれての雪遊びを楽しみました。鼻の頭を赤くしながら、手や指先が冷たくなっても、雪がうれしくて跳ね回って遊んでいた子どもたちでした。
そして最後は温かいお汁粉。雪とたくさん遊んだ後は、なにか温かいものが食べられたら、きっと”幸せ気分が増大するのではないか”と思いついた天野先生が子どもたちに振舞ってくれました。

花組は園舎裏の斜面で雪遊び 先生と雪投げを楽しむ子どもたち 「すべり台みたいによくすべるね」
鳥組はたんぽぽ畑へ
一面真っ白の斜面を転がります
雪合戦
先生めがけて雪玉をえいっ!
雪だるまづくりのはずが、いつのまにか、かまくらづくりになりました
風組は園舎下の畑で雪遊びをしました。畑に着くやいなや雪投げを楽しむ子どもたち 走って、投げての組対抗雪合戦
雪遊びの後はお汁粉 「いいにおい!」
「お団子が入ってるね」
美味しいお汁粉で温まりました