全園遠足

全園児で同じ場所に行き、花・鳥・風組で混ざって遊ぶことで「みんなで遊ぶ楽しさ」を経験させ、また秋の尾根道を歩くことでこの時期ならではの発見を子どもたちにさせようというのがこの遠足のねらいです。

曇り空の肌寒い一日でしたが、子どもたちはなんのその。秋の日の遠足を存分に楽しみました。

きれいな色の葉っぱやどんぐりを探しながら、尾根道を歩いて真光寺公園へ 公園に着いたら、まずは走る!
広い場所では、自然と走ったり転がったり
公園に着いたら、まずは走る!
広い場所では、自然と走ったり転がったり
「さぁ、芝滑りだ!」
風組は花組の手を引いて、一斉に坂の上を目指して走っていきます
仲間同士で順番に引張りあい 風組が花組・鳥組を乗せて引っ張ってあげます
芝滑りが怖かったり、気後れしている花組を風組が気遣う姿も お弁当の後は、鬼ごっこをしたり、もう一度芝滑りをしたり、思い思いの遊びを楽しみます 芝滑りでは、頭を下にして滑ってみたり、お尻から滑ってみたり
遊びの最後はダンボール片付け
最後は風組がまとめます
帰りも尾根道を通って帰ります 途中からは、鳥組と花組で手をつないで帰りました
いつもは風組の役目ですが、花組を任された鳥組は少々顔つきが変わったようでした