子どもの日集会

子どもたちがよもぎ摘み鯉のぼり作りをして準備してきた『子どもの日集会』が5月2日に行われました。

花組(年少児)はこの日、「並ぶ 」事が初めてでした。鳥組(年中児)と
風組(年長児)の姿を見ながら「並ぶ 」という事を理解していきます。

先生からペープサートを使っての「鯉のぼりのいわれ」の話を聞いた後、

風組の代表者からは「鯉のぼりくぐり」についての話がありました。

● 風組が鯉のぼりを作ったよ。
● 鯉のぼりは中庭とすべり台前でくぐらせてあげるね。
● 鯉のぼりをくぐる時は上靴を脱いでね。
● 鯉のぼりは口から入ってしっぽから出られるから大丈夫だよ。
● 鯉のぼりの中はとってもきれいだよ。
● 鯉のぼりをくぐるのが怖かったら一緒にくぐってあげるね。
● 鯉のぼりはすべり台の上で泳がせるよ。
● これから風組が作った鯉のぼりを見せてあげるね。

そして、風組が舞台の上で、大きな鯉のぼりを広げて披露しました。

鯉のぼりを披露した後は、いよいよ鯉のぼりをくぐります。

風組はどうやったら花・鳥組の子がくぐりやすいかを以前話し合って
いました。そしてピンと鯉のぼりを伸ばして持つと良いよね
と確認しあっていた風組たちです。
「もう1回やりたい!」最初は恐る恐るだった花組の子も
きれいな鯉のぼりを夢中でくぐっていました。

くぐり終わった後、鯉のぼりが掲げられ、みんなで『鯉のぼり』の歌をうたい、風組が『甍の波』を、先生が『せいくらべ』を歌いました。そして最後に、鯉のぼりを見上げながら鳥・風組が摘んだよもぎを混ぜた“よもぎきな粉餅”をみんなで食べました。

また一つ忘れられない風の谷の味になったことでしょう。

見学会予約・問い合わせ先
風の谷幼稚園 : 044-986-5515

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる