円盤を作ろう

鳥組(年中児)が1学期に取り組む活動のひとつに紙工作があります。

この日、先生が持っていたのはボール紙で作ったカラフルな円盤。
割りばしと輪ゴムでできた発射台から勢いよく飛んでいく円盤を見て、子どもたちから「作ってみたい!」と声があがりました。

子どもが作った円盤。割りばしの先に付けた輪ゴムに円盤の切りこみをひっかけて飛ばします。

よく飛ぶ円盤を作るには、紙を真ん丸に切ることが大切です。
まず先生が作り方を見せます。
始めにすべての工程や道具を説明することで、子どもたちが見通しを持って作業に取り組むことができるのです。

説明を聞き終えると、さっそく作り始めます。
板の上にボール紙を置き、紙の中心に画びょうを刺します。
画びょうに糸をかけ、糸をぴんと張った状態で鉛筆をぐるっと1周させると、きれいな真ん丸が描けました。

「刃先は上に向けたまま、紙を動かして切るんだよ。」
少し硬い紙質のボール紙を慎重に切っていきます。

切り終えた円盤に好きな色を塗ったら完成です。

使い終わった道具は数を確認して片付けます。
はさみや画びょうなど、無くすと危ない物もありますが、片付け方を知っていれば安全に扱うことができます。

円盤ができたら子から次々と飛ばし始めました。
中庭を飛んでいく色とりどりの円盤。自分の手で作り出した遊び道具なだけに、楽しさもひとしおです。

「見て!あんなに遠くまで飛んだよ!」「せーの、で一緒に飛ばそう!」

円盤作りを通して、またひとつ紙工作の技術を身に付けた子どもたちです。



《見学会予約・問い合わせ先》
風の谷幼稚園: 044-986-5515