焚き火で焼き芋



二学期から本格的に始まった“たてわり活動”。
12月最後の活動は、「焼き芋」です。毎年大根の収穫を終えると、畑の真ん中に深さ50センチ程の穴を掘り、その中で焚き火をして芋を焼きます。
今年も近隣の方々のご理解をいただき、無事に行うことができました。
雲一つない澄み切った空、まさに焼き芋日和です。

風組(年長児)は朝から大忙しです。焚き火で使う落ち葉運びと、さつま芋洗いは風組の役目です。効率よく、二手に分かれて行います。

「大丈夫?一緒に運ぶよ」と駆け寄る姿も

たらいに用意された冷たい水でもなんのその。子どもたちはせっせと芋を洗います。

袖をたくし上げ、たわしで泥を丁寧に洗い落とします
洗い終えた全園児分のさつま芋

ここまでの作業を終えると、風組は花組(年少児)・鳥組(年中児)を教室まで迎えに行き、たてわりのグループに分かれます。芋を包む作業は、風組がリードしながら全園児で行います。濡れた新聞紙で包み、その上からアルミホイルで巻いていきます。

初めて経験する花組に手を貸す風組
一度経験のある鳥組は、自分たちで

芋の準備が出来たら、畑まで持っていきます。
見上げると、白い煙がモクモクと空高く登っています。

「雲みたい!」
「目にしみる!」
パチパチと枝が燃える音に、思わず耳を押さえます

焚き火の醍醐味を味わったあとは、包んだ芋を投げ入れます。

「美味しく焼けますように」

焼いている間、たんぽぽ広場やえのき広場に移動して遊ぶことにしました。

ロンドン橋
ボール運びリレー
うさぎが一匹

しばらく遊んでいると、いい匂いがしてきました。焼き芋の匂いです。
「そろそろ畑に戻ろう!」
子どもたちは、遊びをやめて再び畑へ行きました。

芋は焼き上がり、ござに並べられています。

割ってみると、黄金色に輝いたしっとりとしたホクホクの芋が出てきました。

子どもたちは一本ずつ受け取ります。

「トレーナーの裾に包むと熱くないよ」

枯れ草の上に座って、アルミホイルと新聞紙をとり、

出てきた芋に皮ごとかぶりつきます。

「いただきます!」
「甘くてホクホクしているね!」

焚き火で焼いた芋は、格別な味です。「美味しい!」「甘い!」という声があちこちから聞こえてきました。
五感で味わう焼き芋は、子どもたちの心に刻まれたことでしょう。



《見学会予約・問い合わせ先》
風の谷幼稚園: 044-986-5515